「シャープの森inやいた」でSGC活動報告

平成22年9月24日
社友会  栃木支部
事務局長 佐藤龍雄

 9/18(土)、「シャープの森inやいた」でSGC活動が実施され、 社友会メンバー4名を含む31名が参加しました。 廃休のため現役組の参加が少ないこともあり、作業範囲は限定 されましたが、今回は、下草刈りに加え、樹木への肥料まきも 行いました。

異常な暑さが落ち着きを取り戻し、秋らしい天候の下、少数 ながら精鋭陣の頑張りで、作業は1時間ほどで終えることが できました。

森林組合職員から「矢板の木材の良さ」についてのお話しもあり、 今回の肥料まきの効果と相俟って、木々がスクスクと育って呉れる ことを期待しながら帰宅の途に着きました。

シャープでは、10月に名古屋で開催されるCOP10(生物 多様性条約締約国第10回会議)のパートーナーシップ事業と して、全国各地のシャープの森の活動を「SGCシャープの森 COP10パートナーシップキャンペーン」と称し実施しており、 ここ栃木事業所では「シャープの森inやいた」の下草刈りと樹木に 肥料をまく活動を行なったものです。

当日の様子

栃木支部HP